本文へ移動

スタッフブログ

スタッフブログ

commn disease

2014-07-19
 先日の福岡セミナー、そして、介護予防運動
参加者の方の老いの会話から、考えるところ
がありまして、今回は、医療費についての
話です。

H21年度、国の医療費は約38兆6000億円、
H12年に30兆を超え、H20年には34兆円と
右肩上がりに上昇を続けています。

38兆円というと、一人あたり約30万円の医療費
がかかっているということになり、国民所得の
約11%にあたります。

お金の使い方には様々な議論があると思いますが、
医療費の削減、軽減が、少なからず国の財政圧迫
の緩和につながり、何よりも健康寿命の高まりに
つがっていることを表すことになるので必要なこと
だと私は考えます。

なぜ、医療費が上昇しているのか?

いくつか理由はありますが、高齢化社会への変遷と
医療技術の進歩が大きく、医者にかかって長生き
する構造が身近にもありますね。そして、医療費
の種類別負担で、薬局調剤の上昇が顕著である
ことも注目すべきところでしょう。

技術の進歩、最新機器の誕生、新薬の研究開発、
これらが多くの方々の危機的状況を改善し、助けて
くれていることも明らかで、大切な医療開発経費
であることも忘れてはなりません。

ここでタイトルです‼

「common  disesse」 = ありふれた病気

ちょっと風邪かな? ちょっとお腹が痛い?
かすり傷ができた。 など病院受診が明らかに必要
な考えるべきことが必要では、と思える症状。市販薬
や自身での処理管理で回復が見込めるのでは
ないか、という症状。 考えるべきではと思います。

そこから、もう少し先へ考えを進めていくと、
昔の感染症が主だった時代から、今の疾病の主は
癌、心疾患、や生活習慣病に移行してきました。
それらは、患ってしまったら治療期間が長いもの
です。つまりは、必要なお金は増えます。

思いがけず患ってしまうこともあり、それは仕方
ありません。私にもあり得ます。

しかし、自分で回避できる、改善できる症状が
あることは多くの方が知っていることです。

高血圧、糖尿病、高尿酸血症、高脂血症など
の生活習慣病は、自らの生活スタイルを見直す
ことで改善、回避できるものも多くあるのです。

医療費は、自身の健康管理の意識の高まり
と大きく関係しているんですね。

運動指導者としてできること、果たさなければ
ならない使命が、この問題にもあると強く思い
ます‼

意識付けと、実践する力を養うように導ける
ことは、やはりその方の、その周りの方々の
将来の幸せに繋がっているから♪♪

健康であること♪♪

できることから実践していきましょう(^O^)

私は、私の立場からできることを最大限考え
実践していきます。

グッドコンディション、これが何よりです♪♪

本日も最後まで読んで頂いてありがとう
ございました。

常に学びや新しい情報、刺激が欠かせない
運動指導者、楽しく、深く、味わいがあると感じ
ています(高級なコーヒーみたいですね(笑))
(^O^)

明日の福岡セミナーも楽しみです。

栄養と、骨格、胸郭と呼吸構造に注目した
体幹に関して、楽習してきます♪♪

それでは皆様、本日もグッドコンディションな
1日でありますように♪♪
【AKI.14】







当施設はコナミスポーツクラブの
法人会員利用提携施設です!

リョーユー商事株式会社
リョーユースポーツプラザ

 佐賀県佐賀市末広1丁目9番38号
       ☎ 0952-23-6161

[営業時間]
  火〜金曜   9:30〜23:00
  土日祝日 10:00〜20:30
    ※毎週月曜日 全館休館日


・体育施設の運営
・スポーツ用品販売

・外部指導委託(市町村・企業)


1
0
6
4
7
2
TOPへ戻る