本文へ移動

スタッフブログ

スタッフブログ

人体の不思議

2014-06-26
 日本と世界との差はまだまだ大きく
感じました。

色んなことを検証して、考えて、この時が
あったからこそ日本サッカーは発展した
んだと言える今後になって欲しいと思い
ます。

失敗や反省をそのままにしないで、足りない
部分を補うことをすぐさま行い成長に繋げる
ことは一般的にも大切なことですね♪

目標や方向性を決めて、計画して、実行して、
検証して、改善案を練って、計画して、実行
する。そのサイクルが進化しながら行われる
ことが重要であり、その為には、サイクルの
合間合間に「考える」という作業が頻繁に
入るべきだと私は考えます。

考えて、実践できる力。
良い仕事を成し遂げる上で重要な要素では
ないでしょうか‼ 

日本サッカーの教訓は、自身のことにも落と
し込んで、活かしていきます(^O^)

そして、ワールドカップを観ていて思うこと。

「同じ人間なのに、こうも、からだつきって
違うものか?」 と。

骨格や筋肉、からだの使い方なんかが
気になってしまうんです(笑)

例えば、アフリカの選手は、お尻の位置が
高く、しかも体幹がよく伸びていて、肩の
位置が後ろに引かれている。これは、
骨盤前傾傾向が強く、股関節屈曲筋と
大殿筋の発達、背中からからだを支える
筋肉が強い、とも言い換えられるのですが、
前への推進力が強く、爆発的なパワーを
生み出すことに優位に働きます。
ダッシュが速いし、ジャンプ力が高く、
パワーあるシュートが打てる、一瞬の脚の
伸びが大きく、瞬間的な一歩が大きい、
サッカーではそんなプレーが驚異的に
行なえることになります。
黒人選手を見て、しなやかな筋肉とか
元々持っているからだが違う、身体能力が
高い、など表現されますが、陸上や
サッカーに関して言うと、加えて、見合う
力が発揮しやすい骨格形成をしているから、
と言えるでしょう。

では、日本人は。

どんな姿勢だったでしょうか?

欧米人、南米の選手は?

そんな視点から見るのも楽しいかもしれ
ません(^O^)

ちなみに、凄い身体能力を発揮する骨盤
前傾傾向のアフリカ人のスタイルを日常に
置き換えると、必ずしも良いとは言えない
ですので、そこも踏まえておかなければ
いけません。

人体って不思議です♪♪

そして、個人的には、メキシコの監督の
熱狂ぶり。好きです。情熱的な彼からも
目が離せません(笑)

本日も最後まで読んで頂いてありがとう
ございました(^O^)

皆様のグッドコンディションを願って
おります♪♪
【AKI.14】




当施設はコナミスポーツクラブの
法人会員利用提携施設です!

リョーユー商事株式会社
リョーユースポーツプラザ

 佐賀県佐賀市末広1丁目9番38号
       ☎ 0952-23-6161

[営業時間]
  火〜金曜   9:30〜23:00
  土日祝日 10:00〜20:30
    ※毎週月曜日 全館休館日


・体育施設の運営
・スポーツ用品販売

・外部指導委託(市町村・企業)


1
2
8
6
1
8
TOPへ戻る