本文へ移動

スタッフブログ

スタッフブログ

効果的なウエイトコントロール?

2014-05-16
 本シリーズ、今回アルコールに関して話を
させて頂きます。

アルコール飲料のカロリーは何のカロリー
でしょうか?

答えは、アルコール(エタノール)+糖質です‼

アルコールは1gあたり7.1㎉、糖質は1gあたり
4㎉。アルコールのカロリーが高いですね。

アルコール量の算出方法は、

飲んでいる量(ml)×度数×0.8=摂取している量(g)。

アルコール度数5度で350mlのものであれば、
0.35×5×0.8=14    つまり缶ビールの普通缶
1本では14gのアルコールを摂取していることに
なりますね。

1日の適量目安は20gです。これは、ビールでは
500ml、日本酒1合(180ml)、焼酎0.5合(90ml)、
ウイスキー60mlに値します。世間的にもよく
知られている数値ですね。

適量を超えた飲酒を繰り返すことになると
脂肪肝、中性脂肪増、尿酸値増、血糖値増を
誘発しやすくなります。減量とは正反対、肥満
への道です。

適量を心がけるとウエイトコントロールのみならず、
体調の変化も体感できます♪♪ 良好に♪♪

これは私自身も体感してきました(^O^)

どんな種類を選ぶべきか?ですが、先程、
アルコール+糖質がアルコール(エタノール)の
カロリーであるとお伝えしました。
いわゆる糖質ゼロのアルコールが望ましいと
いうことになります。蒸留酒、です‼

成分表示を確認することもからだにとっては
大切ですね。

特に、血糖値が上昇しやすい21時以降は、
摂取するのであれば糖質ゼロを積極的に
選ぶようにし、つまみは食べない‼ 方が良し、
です‼

効果的なウエイトコントロールについて、今回
はアルコールの話でした♪♪

再度確認ですが、今、このシリーズはピラミッド
で言うと、先端部分に近い所にきています。

しかし、下の部分が出来ていないと、意味を
なしませんので、「食生活の調整は土台から」
の以前お伝えしてきたシリーズの内容が最も
大切な土台であり、まず実践すべきであること
をご理解下さいね(^O^)

何でも、土台をしっかり築いておくことが必要
です‼

今朝、ラジオで介護用ロボットの話題がありました。

テレビで試作品を目にしたことがありました。
筋力低下した方に装着することで立ち上がりや
歩行、日常動作が円滑にできるようになる、と
いうガンダムみたいなと言っても過言ではない
ロボットのようなものでした。

身近に目にする時が近い将来来るのでしょうか?

家族や自分が使用したことがないので、便利さ
やその良さを表現することはできませんが、今、
考える事は、やはり、自分の足で歩ける時間を
できるだけ長く保ちたいですし、良好姿勢を維持
して生活できる時間も保ちたい。

人間としてのあるべき姿を全うしたい。

それが私の現時点での考えです。

まずは、からだを動かすこと、しかし、そのこと
以上に、いかに効果的に動かすか、その方に
とっての効果的な動作、方法の的確な仮説が
立てられ、ご理解とその方のやる気、モチベーション
も高めてあげながら、継続できる仕組みを立てて
上げられるか、そして、結果や効果を体感して
頂くこと、こそが介護予防の現場でも重要です。

色々なことを知らなければなりませんし、勉強
しなければなりません。学んで、学んで、考えて、
考えて、実践して、役立てて、また、学んで・・・。

基礎、土台を頑丈で強固なものにいつもして
いられ、応用、アレンジの多様性も備えていな
ければなりません。

役割を果たす為に、常に考えていかないと
いけないですね(^O^)

それでは、グッドコンディションへなられるよう
本日も願います♪♪

最後まで読んで頂きありがうございました♪♪
【AKI.14】
当施設はコナミスポーツクラブの
法人会員利用提携施設です!

リョーユー商事株式会社
リョーユースポーツプラザ

 佐賀県佐賀市末広1丁目9番38号
       ☎ 0952-23-6161

[営業時間]
  火〜金曜   9:30〜23:00
  土日祝日 10:00〜20:30
    ※毎週月曜日 全館休館日


・体育施設の運営
・スポーツ用品販売

・外部指導委託(市町村・企業)


1
1
3
3
1
0
TOPへ戻る