本文へ移動

スタッフブログ

スタッフブログ

食生活の調整は土台から?

2014-04-01
新年度がスタートしました‼

天気も良好で、日中は少し暑かったですが、
今日のランニングの感じも良い感じでした♪

早起きの習慣ができ、朝はカーテンを開け
朝日を浴び、炭水化物とタンパク質の同時
摂取、脂質を極力減らすことを最低限意識
した朝食を摂ることができてきたでしょうか?

体内時計をリセットして、コンディションを
良好に、動けるからだと、消費しやすいからだ
の両方が整うようになっていきます(^O^)

それから、摂取と消費のバランスで、消費が
多ければ体重は減りますし、摂取が上回って
いれば体重は増えます。ほぼ体重が変わら
ないのであれば摂取と消費のバランスは
イーブンです。誰と比較するのではなく、それは
自らのからだが示してくれますので、自身の
からだに対して摂取と消費の目指す目標が
果たせているか?考える必要がありますね。

と、ここまでが、前々回までのおさらいです‼

そして、まだ土台の話の続きで、いよいよ
具体的中身の話に突入します♪♪

良いコンディションを保つ栄養素バランスの
良い食事とは?? という部分です。

食卓を揃える、と、食卓中の食品選択、の2つ
に気を配ることが栄養素バランスの良い食事
をしているということ‼

これは、主食(穀類、麺、パン、芋などの炭水化物)、
主菜(肉、魚、卵、大豆製品などのタンパク質)副菜
(野菜、きのこ、海藻など)の3つを毎食揃えること。
それに、1日1回、果物と乳製品です。

炭水化物:脂質:タンパク質の理想的な割合は、
60:25:15。主食を抜くと主菜の比率が上がり、
3大栄養素のバランスが脂質とタンパク質に
偏りやすくなります。LDL、肥満、尿酸値アップ
へつながるということです。
また、油脂や食塩を同時に摂らないことも重要
で、菓子パンやチャーハン、パスタなど油脂が
多く高エネルギーなものと、麺類や炊き込み
ご飯など食塩量が多いものの摂取も肥満、血圧
アップにつながります。
主食では、精米度の低い穀類(玄米、全粒粉パン)
や雑穀といった食物繊維、ビタミン、ミネラルが豊富
なものが望ましいと言えます。

次に主菜は何を?副菜は何を?果物はいつ?
乳製品の牛乳はどお種類を選んだら良いの?
という話に繋げていきますね(^O^)

ほうれん草が栄養のある食材ということは
広く知られています。
しかし、ほうれん草には栄養素があるだけです。
それを食べたからといって、必ずしも必要栄養素
を全て吸収できるわけではありません。

これまでお話してきた、そして、あと少し
お話しさせて頂く、土台がきっちりできていて
始めて栄養素を獲得することができます。

サプリメントもそう。土台が出来上がっていな
ければ、物凄く広大な海にちっちゃいちっちゃい
小石を投げ入れるようなものでほぼ効果なく
からだには無反応という結果しか得られない。

より健康に、より効果的に、よりコンディション
よく日々を保つために土台の話をしている
ところです。

実践あるのみです‼

私もそうしています‼

自ら実践できて、初めて人にも言えます‼

これまでにお話しした中でも実践できることが
ありますので、是非お試しを願います♪♪

習慣化できれば強いですよ(^O^)
【AKI.14】
当施設はコナミスポーツクラブの
法人会員利用提携施設です!

リョーユー商事株式会社
リョーユースポーツプラザ

 佐賀県佐賀市末広1丁目9番38号
       ☎ 0952-23-6161

[営業時間]
  火〜金曜   9:30〜23:00
  土日祝日 10:00〜20:30
    ※毎週月曜日 全館休館日


・体育施設の運営
・スポーツ用品販売

・外部指導委託(市町村・企業)


1
1
3
3
1
2
TOPへ戻る